インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

ブラインド

プリーツスクリーンの家

先日突然、冷蔵庫から変な音がしだしたと思ったら急に冷えが悪くなりました。

氷も水になってしまいました。30年使い続けていたので、仕方ないのですが。

あわてて電気屋さんへ行き、新しい冷蔵庫を購入しましたが我家はダイニングが2階にある為

搬入ルートを電気屋さんのほうで予め確認。

我々インテリア業の長尺レールの搬入と同じかなと。

搬入時は私が廊下のドアを外し、階段の照明を取り(これは電気屋さんやってくれないみたいです)

なかなか大変な作業でしたが搬入の方、4人来られてスムーズに設置していただきました。

これで毎晩欠かさない、晩酌の氷の手間も解消されます。

 

 

 

 

全ての窓を、プリーツスクリーンで納めさせていただいたお客様です。

プリーツスクリーンは窓枠の内側に納めることが多いのですがカーテンと比べると

とてもすっきりとした印象になります。

IMG_2360.JPG

写真のツインスタイルは、不透明の生地とレースの生地を上下に配置した、光をコントロール出来るブラインドです。

上の生地を不透明にすると、上部からの強い日差しを遮ることが出来ます。

不透明生地も遮熱の生地を使っております。

IMG_2357.JPG

隣の畳スペースの縦に3連の高窓にも、同じものを設置しました。

真ん中部分はツインタイプで、上下はシングルタイプです。

IMG_2363.JPG

1階は、立派なお庭が作られており窓にも電動のシャッターが付いているためシースルーのシングルスタイルです。

操作も1本のコードで昇降できるスマートコード式です。

チェーンやロープがループ状にならないので、小さなお子様がおられるご家庭でも安心です。

IMG_2361.JPG

 

木製の縦型ブラインド

メリークリスマス!

とは言え、子供たちも成人となり、奥さんとデートするわけでもなく

普段通りの日常生活を送っております。

でも、街にはクリスマスのミュージックが流れツリーが彩られ

心ワクワクするのは私だけでしょうか。

 

 

 

 

ある日突然、子供が小学生の時にいつも運動会の場所取りをしていただいていたお母様が来店。

お久しぶりとご挨拶。

実はそのお母さま、障がい者生活支援センターに勤めておられ、20年程前でしょうか

施設のカーテンでお世話いただいたことがありました。

今回も、その兼ね合いからログハウス調の喫茶店をつくったのでブラインドを付けてほしいと。

ブラインドといってもどこで調べられたのでしょうか、マニアックな木製の縦型ブラインドでした。

いろいろお店を回ったけど、しっかり説明していただけるところがなくてと弊社に来店。

 

木製の縦型ブラインドといえば、国産ではタチカワブラインドのラインドレープと

ナニックジャパンのウッドバーチカルブラインドがあります。あと東京ブラインドもあったと思います。

ナニックのブラインドは長尺の羽にヒンジが付いており、反りや曲がりを防止してくれます。

IMG_1929.jpg

ショールームにあったサンプルを写真に撮ているので横になってます。

 

今回は窓をおおいかくすように正面から付けてほしいとのこと。

ウッドバーチカルの場合、結構な重量になる為、ナニックでは正面付けは製作不可。天井付けのみになります。

正面付けの出来るタチカワブラインドのラインドレープに決まりました。

こちらはヒンジは付いておりません。

IMG_1876.JPG

閉じている状態。

IMG_1877.JPG

オプションでウッドバランスも付けてあります。

IMG_1878.jpg

IMG_1874.JPG

西側にも腰高の窓がありますので、そちらには横型のウッドブラインドを設置しました。

IMG_1879.JPG

弊社でも過去3回程しか施工したことのない珍しいブラインドです。有難うございました。

喫茶店の商売繁盛、願っております。

天井の高い部屋にバーチカルブラインドを取り付け

10月の中過ぎから急に肌寒くなり、秋を感じるようになりました。

近頃は街のイベントなどもちらほら行われるようです。

私の所属する勝川駅西発展会でも、昨年コロナで開催できなかった勝川芸術祭を開催します。

マドンローナといって、チョークで地面に絵を描く路上アートや

キッチンカーもたくさん集まります。

10月30日(土)10時から16時まで勝川駅前で開催しますので

お時間ございましたら、お子様お孫さん連れて是非遊びに来てください。

14829308067823.jpg

14839903726942.jpg

 

 

 

 

 

 

今回は天井の高い窓にバーチカルブラインドを設置しました。

IMG_1440.JPG

犬を飼っておられまして縦型のブラインドの場合、裾の紐(スペーサーコード)があると犬が絡んだり

裾の重りをかんだりするので修理の依頼が比較的多いのが問題です。

そこで、スペーサーコードのないモアラップ仕様、通常の羽の枚数よりも増やし羽と羽との重なり幅を大きくするタイプにしました。

裾の重りも布でくるんでしまいます。

IMG_1734.jpg

これは弊社のサンプルです。

IMG_1442.jpg

裾に紐がないので、どこからでも暖簾のように出入りが出来ます。

IMG_1443.JPG

また、スラットを全開にしたときに窓にかからないように袖壁に収まるようにしてあります。

設計の段階から窓周りのブラインドやカーテンの打合せをしますと、このように収めることができます。

IMG_1445.JPG

こちらは1階の洋室です。

IMG_1444.JPG

ブラインドのレールの長さが4mになりますので、運搬方法や搬入方法も打合せ時に必要となります。

今回は、2階へ4mのレールを運ばなくてはならないのですが階段では無理です。

玄関より1階の庭まで何とか運びこみ、そこから2階のバルコニーへ橋渡しでOKです。

以前の現場では、3階に設置したいのですがどこからも搬入出来ず、3階のバルコニーからロープをたらし

レールを結び付けて搬入したこともあります。

細かな事前現調が大切になります。マンション時は特に注意が必要です。

由緒あるお寺にプリーツスクリーン取り付け

知り合いのコーディネーターさんから紹介いただいた物件です。

覚王山の由緒あるお寺さんです。

五間近くある広縁にプリーツスクリーンを取付ました。

お庭も立派な造りになっています。

IMG_1548.JPG

レース付きのツインスタイルです。

IMG_1551.JPG

上部を不透明生地にして日差しを遮りながら、下部をレース生地にして外を眺めれるようにしました。

IMG_1550.JPG

もちろん全て不透明生地にも

IMG_1549.JPG

全てレース生地にも出来ます。

IMG_1552.JPG

神社仏閣、伝統建築を得意とされる建築士さんが入っておられ、とてもカッコいい造りになっております。

このような仕事の手伝いをさせていただき光栄です。

 

 

レースカーテンの付いたバーチカルブラインド スアべ

先日梅雨入りしたとブログに書きましたが、あまり雨降り続かないですね。

されど、昨日はいきなりのスコール。

ちょうど高速道路を走行中、前が見えなくなるくらいの雨でした。

降り始めて15分程なのに道路には水たまりが出来ており

ハイドロプレーニング現象が起きそうなくらい。

日本の梅雨はいったいどこへ行ってしまったのだろう。

 

 

 

珍しいブラインドのご紹介です。

縦型ブラインドにレースカーテンが付いたような製品です。

弊社のショールームには、2年ほど前から展示していたのですが ご紹介がこのタイミングになってしまいました。

まずは、動画をご覧ください

バーチカルシェード「スアべ」といいます。

ハンターダグラスのるミネットシェードのようです。

スラット2枚の間にレース生地が挟まれていますので、柔らかな表情があり綺麗です。

ブラインドメーカーの出している、レース付き縦型ブラインドのタイプとは全く違うイメージです。

もちろんレースが付いていますので昼間部屋から外を見ることが出来、外から部屋の中を見ることはできません。

 

施工させていただいた時の写真です。

P9170041.jpg

閉めているとき。

P9170040.jpg

レースの状態。

P9170042.jpg

オープン状態。

 

特徴ありカッコよくないですか。

この時も、汚れ防止加工の「エコキメラ」を設置させていただいてから

お部屋で吹付けさせていただきました。

 

気になる方は、実物サンプルがありますので手に取ってご覧ください。

サイレント電動式ロールスクリーンFR仕様

またしてもコロナに関係した悪影響が建築業界でおきております。

ニュースでも報道されておりますが「ウッドショック」です。

アメリカでコロナ禍の景気対策として、住宅ローンの超低金利政策により

住宅の着工率が大幅に上がった為、木材不足に至ったようです。

同じ状況が中国でも起きており、日本になかなか木材が入ってこないようです。

付き合いのある工務店さんも心配されておられました。

このウッドショックも長期化しそうです・・・

 

 

 

今回紹介をさせていただくのが、音の静かなロールスクリーンです。

このロールスクリーンも電動なのに比較的お値打ちで、施工設定も簡単です。

現場最中に撮影しておりますので、工事の音が気になりますが動画です。

静音性に優れたモーターを使用している為、動作音35dbという抜群の静音性のようです。

 

また無線のリモコンを使用していますので、カーテンボックス内への設置や 部屋のどの位置からもリモコン操作が可能です。

赤外線の場合は、受信機をリモコンから届く位置に設置しなくてはなりません。

 

そのリモコンですが。今回2台連窓で取り付けたのですが、通常なら「2チャンネル」用のリモコンを使います。

これでも問題なく動くのですが、2台同時に動かすことが出来ません。

1台に付き1組の昇降下降ボタンしかないので、どうしてもスイッチを押すときの1台目と2台目の時間差が出てしまいます。

そこで、「8チャンネル」用のリモコンで設定しました。(2チャンネルと8チャンネルしかありません)

1台づつ個別の操作ボタンと、ALLの一斉操作ボタンがあるので2台のロールスクリーンを同時に動かすことが可能です。

 

この「サイレント電動式FR仕様ロールスクリーン」も弊社ではよく販売させていただいております。

 

現物もショールームにありますので、ご確認いただけます。

大きな広縁に経木のロールスクリーン取付

弊社のショールームには比較的たくさんの植物たちが居ります。

中には、28年近く受け継ぎ育っているものもあります。

IMG_1323.JPG

IMG_1324.JPG

その一つとして、このポトスです。

IMG_1319.JPG

この子は長生きです。

去年、挿し木をして増えた子がこちらです。

IMG_1320.JPG

元気に青々と育ってくれています。

先月剪定してあげた、ゴムの木の観葉植物です。5歳ぐらいでしょうか。

IMG_1321.JPG

剪定した形の良いものを、挿し木にしています。

IMG_1322.JPG

根が生えてきました。そろそろ土に植えてあげます。

毎日世話をして育っていくのを見るのが、結構楽しいです。

 

 

 

今回お世話になりましたのは、青年部時代の先輩のご自宅リフォームです。

大きな立派な御屋敷です。

今ではあまり見かけない、4間の広縁があります。以前はカーテンが掛けてありました。

PB150007.JPG

今回は、天然目で出来ております「経木」のロールスクリーンです。

IMG_1275.JPG

これだけ大きいと迫力があります。

IMG_1273.jpg

裏廊下にも2間窓がある廊下がありまして、そちらにも同じ物を付けさせていただきました。

先輩 ご指名いただき有難うございました!

 

電動の縦型ブラインド

「春日井まちゼミ」が2月より開催されました。

モリソンはいつもと同じ「簡単なファブリックパネルの作り方」です。

例年受講募集後すぐに予約がうまってしまうのですが、今年はスローでした。

密を避けて少人数制の3日間、開催させていただきました。

IMG_1104.JPGIMG_1106.JPGIMG_1123.JPGIMG_1153.JPG

皆様、楽しく作っていただき満足いただけたようで良かったです。

開催中もカーテンの洗い方やブラインドの修理方法もご説明させていただきます。

最後には皆様、カーテンに興味を持っていただき

「今度カーテンを変えるときはモリソンさんお願いね!」とおっしゃっていただけます。

有難うございます。お待ちしております。

 

 

 

縦型ブラインドの電動タイプです。

 

リビングの窓とその上に吹抜け窓があります。

リビングは手動式、吹抜け窓は赤外線の電動タイプを設置です。

PB200024.jpg

赤外線の電動はテレビと同じように、リモコンを受信機に向けないと上手く動きません。

今回の受信機はレールの右側に付けました。

PB200025.JPG

また、予め用意いただきました100Vのコンセントから本体までの接続コードをうまくカバーで隠します。

動画です。

 

こちらはFM無線タイプの縦型ブラインドです。

無線タイプは受信機が必要ありません。リモコンもどこを向けても動きます。

PB240037.JPG

もう一窓あるのですが、他の業者さんが作業していましたので写真遠慮しました。

カッコいいご主人のお部屋です。動画です。

 

ハニカムブラインドの遮光率

ブログをさぼってしまうと、いつも永い間が空いてしまいます。

 

以前紹介した春日井市の応援券「つかエール」もたくさんご利用いただき、独自のDMからご来店いただいた

お客様のカーテン架け替えのご依頼も多く、忙しかったこともありますが、この状況のもとありがたいことです。

 

 

今回は、いつもお世話になっております「木組みの家」の設計事務所で勤めておられた方が独立され

そこで、ご紹介いただいたお客様のブラインドです。

 

リビングは昼間レースがなくても部屋の中が見えないように外構でカバーされております。

すっきりとしたイメージで、断熱効果のあるルーセントホームのハニカムブラインド「シェルシェード」(台湾製)を

推奨頂いておりました。

IMG_0969.jpg

ハニカムブラインドでここまで多色をそろえているメーカーは、国内にはありません。

P5010010.jpg

 

寝室はご主人の希望で、朝日が部屋に入り込まないように真っ暗にしたいとのことです。

そこで提案させていただいたのが、同じくハニカムブラインドの遮光シリーズ。

P5010012.JPGP5010014.JPG

このブラインドはハニカムの内側にアルミ箔のようなものが張り付けてあり、光はまったく透しません。

P5010013.JPG

部屋は真っ暗になります。

 

どうしても窓枠よりも小さくブラインドを作る為、隙間からの光は目立ってしまいますが。

そのあたりを考慮するなら、クリアランスの隙間を出さないニチベイのサーモブロックタイプや

オプションフレームを使うと良いと思います。

しかし、お客様は十分ご納得いただきました。

スラットの綺麗なクリエーションバウマンのバーチカルブラインド

今回のお客様は、大がかりなリフォームにともない、窓周りも取替えです。

リビングの窓には、縦型ブラインドをとのご希望でした。

いろいろな縦型ブラインドをご説明させていただきました。

スラットの綺麗なシルエットを表現できるのはスイスのメーカー「クリエーションバウマン」ですよと

弊社のカタログサンプルでご説明。

通常のスラットは、大きな生地をレーザーカットで希望のサイズにカットします。

バウマンのスラットは、127mm(89mmもあります)の生地に織っていますので両サイドは生地のミミになります。

それにより、生地のたわみ等が無く綺麗にスラットが吊られます。

P6020008.JPG

裾はスラット同士を固定する紐は付かないのでスッキリとしております。紐を付けなくても綺麗にラインが出るのです。

その後、お客様から「今回設置いただいたブラインドの方が質が良いということで値段は高くなるけど大満足です」

とご報告いただきました。

納期も3週間程かかりましたが、満足いただけ光栄です。