インテリアモリソン - 愛知県春日井市

NEWS RELEASE 新着情報

刺繍生地の好きなお客様

あまり野球に興味はないのですが、先日仲間たちとドームへ見に行ってきました。

なぜ興味が無いのに行ったかというと、なかなか予約をとることの出来ない

「スイートルーム・プライム1」へ行くことになっていたからです。

IMG_5036.jpg

流石にVIPな雰囲気ではありました。

IMG_4981.jpg

私はここでずっと飲んでおりました。

IMG_4980.JPG

食べ物はとても高いので、軽い軽食程度ですが。

とても貴重な体験をさせていただきました。

 

 

 

先日お世話になったお客様のご新居には、ベランダの窓がありませんでした。

窓が大きくないので、少し色柄の有るカーテンを提案させていただいていたのですが、お目に留まる生地は刺繍ばかりでした。

お決めいただいたカーテンは

IMG_4890.jpg

古くからの定番でありますマナトレーディングの「シトロン」綿混の生地です。

IMG_4889.JPG

タッセルもコーディネート。

 

ご寝室は、

IMG_4893.JPG

サンゲツの「AC2007」すこし落ち着いた生地です。こちらも綿混です。

IMG_4896.jpg

最近、無地系の生地でヒダ無しのフラットカーテンが多いのですが

2倍ヒダで重厚感もあり、改めて新鮮な感じがします。

お客様のご年齢も私と同じくらいでないかと思います。

 

書斎には造作の出窓があり、デスク代わりにも使われるとの事で、

こちらには窓枠の中にプリーツスクリーンを取付。

IMG_4885.JPG

タチカワブラインドなのですが、天井とブラケット(取付金具)との隙間が少なく

光漏れも比較的解消され、とても良かったです。

IMG_4887.jpg

側面は巾が狭いので、紐で開閉するコード式です。メカの上部の仕様が真ん中の窓と違ってきます。

 

他にも防音室があり吸音の為、カーテンレールを壁面四方に天井から取り付けるのですが

防音の壁だけで80mm近くあり、下地がどこにあるのか大工さんの遠い記憶を探りながら取付ける事が出来ました。

 

 

真鍮のカーテンレール

4月になりました。

新しい門出の時期です。取引先のメーカーさんも移動があるようです。

私の姪っ子も看護師試験に受かり、今月から見習い看護師です。

今日は桜も満開!良い年度になりますように!

 

 

 

珍しいカーテンレールのご紹介です。

スペイン製の手作り真鍮カーテンレール。

IMG_4362.JPG

今では大手カーテンレールメーカーも真鍮の取り扱いはありません。メッキはありますが。

30年程前は、メーカーでも高級なカーテンレールがたくさんありましたが、

2mのカーテン・レースのWセットですと上代で15万円以上はしていたと思います。

こちらのレールですと、2mのWセットが約38,000円 3mのWセットが48,000円です。

とても値打ちな高級カーテンレールです。

IMG_4370.JPG

レールの開閉も、滑りの良いリングランナーを使用していますので問題ありません。

IMG_4371.JPGIMG_4372.JPG

上の写真は真鍮タイプです。

IMG_4897.jpg

こちらは弊社ショールームのサンプルですが、他に真鍮のブラスタイプ(上から3番目)

またステンレス(一番上)のタイプもあります。価格は全て同じです。

ただ、予め在庫確認は必要です。

  • Category:

電動のバーチカルブラインドを8台取付ました。

モリソンでは、電動の調光ブラインドFUGAは人気でよくお客様に採用頂いております。

その中でも電源のいらない充電式(DCモデル)が特に人気です。

最初から電動商品をご希望とされるなら、予め100Vの電源を用意いただければよいのですが

カーテン・ブラインドの吊替えですとか簡易的なリフォームの場合は、そうもいきません。

そこで充電式タイプのラインナップが新たに増えました。

ロールスクリーン

ローマンシェード

カーテンレール の3種類です。

しかもFUGAと同じ電波の良く届くFM無線で、さらに「IoT」にも対応していますので

スマホアプリやスマートスピーカーを使って操作が出来ます。

カーテンレールも形状がスマートのようで、カーテンボックス巾が15cmよりドレープ用とレース用のレール

2本設置が出来るようです。

まだカタログでしか確認していませんので、近いうちにサンプルを取り寄せようと思っております。

もちろん、充電の必要ない100Vの電源タイプもあります。

 

 

 

今回お世話になりましたのは、ご自分のマンションビルの最上階のご自宅です。

南面のメイン窓は吹抜面や階段横を含めて、横幅が5m高さが2.6mの窓が4箇所あります。

そこに電動のバーチカルブラインドを8台設置しました。

IMG_4355.jpg

足場を組むことが出来なく、苦労しました。

IMG_4356.JPG

外のロケーションはこんな感じです。

IMG_4367.JPG

窓が大きすぎまして、引いて写真を撮っても全体が入りませんでした。

私が移動しながら撮った動画です。

もちろんFM無線タイプで設置した。

 

ノーマンのスマートドレープシェード

今から18年程前にお世話になった北区の尼ケ坂サロンさんです。

とてもお洒落なサロンで、地域の活性化やデザイナーさんコーディネーターさんたちの

繋ぎの交流なんかもされておられます。

 

当初、ハンターダグラスのシルエットシェードが流行り始めたころで、窓全面に設置させていただきました。

流石に年数も経ち生地もボロボロになってしまいましたので、模様替えです。

IMG_4552.JPG

今回は縦に調光できるノーマン社の「スマートドレープシェード」です。

レースカーテンのような柔らかさと、ブラインドの持つ機能性を合わせた画期的なカーテンブラインドです。

IMG_4553.jpg

昼間は光を取り入れる為、レースの状態。夜は羽を縦型ブラインドのように回転させると遮蔽出来ます。

IMG_4555.jpg

窓の幅も6m近くあるのですが、レールをジョイントして繋げるため最大7.2mまで製作可能です。

今回もマンションですので、長尺物ですと搬入ができないのですが、2箇所のジョイントで問題ありません。

IMG_4554.JPG

ノーマンのPR動画です。

さらに西面の窓には、ノーマンのウッドブラインドを設置。

IMG_4556.JPG

天然素材の高級塗料をしようした「オスモカラー」です。

浸透性塗料の為、木材の呼吸を妨げず劣化を抑えることにも優れています。

IMG_4557.JPG

また、羽には昇降コードを透す穴は無く、羽を閉じたときは羽同士がピッタリと密閉するので光漏れを無くす事が出来ます。

 

モリソンにも現物サンプルがありますので、実際手に取ってみていただくことが出来ます。

 

お客様にもとても喜んでいただけました。

有難うございます。

オーソドックスなスワッグバランス

新年も明け日常の生活に戻ってきましたが、各種団体の新年会が2月まで続いております。

能登半島地震による被災の事を鑑み、あまり「おめでとう」という言葉は使われておりません。

しかし新年会では情報交換等含め、お互いに皆様盛り上がっております。

我々はやはり、商売繁盛し義援金を寄付させていただくことがより良い方法だと思います。

被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

今回はエステサロンのお手伝いです。

IMG_4450.JPG

施術室になります。

ボックス内に照明が入っており、カーテンを照らしています。

カーテン生地は光沢があり、しなやかな生地感のあるシャンタン生地です。

フジエテキスタイルのFA2400-01です。

ボックスの下から除くとこんな感じです。

IMG_4451.JPG

突き当りには高窓があるのですが、完全遮光のロールスクリーンで隠しています。

 

この部屋の横にはスタッフルームがあるのですが、当初縦型ブラインドですっきりと提案していたのですが

急遽まったくイメージの違うカーテンバランス仕様に変更なりました。

IMG_4497.JPG

久しぶりに施工させていただく、スワッグバランスです。

生地は施術室と同じシャンタン生地です。

スワッグバランスですとよく裏地やトリムを付けたりするのですが、シンプルに表の生地のみで作りました。

それでも表現力バッチリです。

IMG_4498.JPG

出来るだけバランスを上のほうから取り付けたいので、補助金具を使って下地の位置からレールを持ち上げております。

このようなスタイルは、流行りすたり無く長く続いていってほしいものです。

サイレントグリスのレールを使ってウェーブスタイルカーテン

今年はどんな年になるでしょうか。

建築関係では、新築の着工数が減っていく一方です。

モリソンでも同じことが言えますが、今までカーテン・ブラインドの需要は新築がメインでした。

ところが最近は、リーフォームやカーテンのみの吊替えをとても多くいただいております。

我々のインテリア業界に変化の波がきています。

毎年年始に思う事ですが、専門店として商品知識やお客様にご納得いただける接客

他にはないカーテン・ブラインドの品揃え、綺麗に窓周りを見せる施工技術。

さらに向上心をもって努めていきたいと思っております。

結果は、このホームページ内の「お客様の声」をご覧ください。

 

 

 

 

昨年末施工させていただいた現場です。

設計事務所さんからのご依頼でした。

IMG_4505.JPG

IMG_4503.JPG

カーテンは壁の端から端まで1枚で仕上げています。

カーテンのスタイルは、今流行りのウェーブスタイルです。

カーテンレールはサイレントグリスのSG6243W(ピッチコード付き)です。

IMG_4511.JPG

ランナーとランナーの間に紐が均等に付いており、この紐の長さ間隔によりヒダ倍率が決まってきます。

今回は1.5倍ヒダ(80mmピッチ)になっております。カーテンの縫製もサイレントグリスに依頼しました。

サイレントグリスはレールやメカ物に関しては、トップクラスの商材を扱っており縫製もとても綺麗です。

ウエーブシステムとはフラットカーテンになるのですが、カーテンフックもラフレットフックで

カーテンは、手でくせを付けてあげれば簡単にヒダ山を綺麗に作ることの出来る芯地が付いております。

天井とカーテン上部の隙間も、4mmになります。

IMG_4507.JPG

カーテン生地は、デンマークのKvadrat(クヴァドラ)です。そこそこ高価な生地です。

日本では珍しいウール100%の生地で写真を見ていただくと分かりますように、とても柔らかな自然なヒダが表現されます。

もちろんウールですので形態安定加工はしておりません。

裾はメローロック(ウエイトテープを入れないウーリー糸ロック)です。

カーテンとレースの中間のような生地です。

マンションの5階ですので外からの視線はあまり気にならないようです。

とても良い仕上がりになりました。

社長室にFUGAエコリモ7台設置させていただきました。

急に寒くなりました。皆様よく話題にされますが、日本の秋がなくなりましたね。

四季は日本の文化と魅力そして人柄を作った大切なものなのに、寂しい気持ちになります。

 

さて、11月に開催しておりますインテリアモリソンの「春日井まちゼミ」ファブリックパネルの作り方講座も盛況の上終了しました。

3日間開催させていただき、なんと男性のご参加が5名もいらっしゃいました。

おどろきです。

IMG_4374.JPG

他の参加店の皆様もたくさんのお客様に来ていただき、とても良かったと聞いております。

さらに来年度以降、まちゼミの講師として参加したいというお店が何店舗も候補いただいております。

春日井のまちゼミ実行委員の皆様、今まで地道に活動してきた成果がようやく出てきましたね。

11月30日はまちゼミ実行委員の忘年会です。楽しく盛り上がっていきましょう!

 

 

 

今回お世話になりましたのは、新社屋の窓周りのお手伝いです。

事務所や会議室はロールスクリーンで納めさせていただきました。

しかし社長室は見た目も良く、重厚感のあるブラインドにしたいとご要望頂きました。

そこでモリソンではおなじみの「調光ブラインドFUGA」。

電源が無くて電動で動かすことが出来る充電タイプの「エコリモ」です。

窓枠がブラックですので、生地は遮光のブラックです。

IMG_4392.JPG

ここに取付ました。右側の枠の外は、吹抜階段になっております。

IMG_4397.JPG

無垢のテーブルと、バイクもカッコいい。

バイクは窓の前に置いてありましたので、施工時に手前に移動していただきました。

IMG_4396.JPG

全部で7台設置です。

個別やALL操作はもちろんですが、グループで南の窓2台と吹抜内窓の5台を別で同時に動かす設定にしております。

動画です。

かなり迫力ある仕上がりになりました。

有難うございます。

カーテンとブラインドどちらがいいの?

急に肌寒くなってきました。

先日ホットカーペットを付けようかと思いましたら、コンセントが破壊されていました。

誰のせいかといえば、この子のせいです。

IMG_3953.jpg

まだ1歳ちょっとの愛犬アッシュです。犬種はボーダーコリー。

ずるがしこい子です。

コンセントを直してスイッチを入れても暖かくなりません。壊れてました。

本日早々に買ってきましたので、今晩は暖かくいられそうです。

急に寒くなったので、周りのお店の駐車場もにぎわっているようです。

 

 

 

 

今回お世話いただきましたお客様は、ご近所の古くからお住いの方です。

なんと息子さんが家の息子と同級生でした。ご縁を感じます。

家のリフォームにともない、カーテンも新調です。

先に現調させていただき、お客様の要望を伺いながらいくつかのプランを作らせていただきました。

リビングでは、内装のイメージに合うようなカーテン3案と、モリソンおなじみの調光ブラインドFUGA案です。

カーテンの場合は外への出入りがしやすく、レース越しに庭を眺めることが出来、風通しもよく

洗う事の出来る生地ならば、家で洗濯が可能です。

調光ブラインドの場合、スタイリッシュで窓枠の中で納まる為すっきりしており、物の配置の妨げにもなりにくい。

特長あるブラインドの動き方や、見た目がカッコいいです。

このような説明をいろいろとさせていただきながら、お決めいただいたスタイルはこちら。

IMG_3338.JPG

こんなかんじです。写真には写っていないのですが、TV面の壁がグレーのタイルで出来ておりモダンなカッコいい部屋です。

カーテンは無地調ではありますがモダンな柄のフジエテキスタイルFA6901。

レースカーテンもフジエテキスタイルのFA1824。写真ではわかりにくいですが裾から柄が入っております。

IMG_3339.JPG

お客様、門から家の玄関につながるお庭が大きく立派な為、部屋から外を眺めることを優先されました。

よく皆様勘違いされるのですが、部屋から外が見えても外から部屋の中はレースカーテンがあれば見えません。

夕方で暗くなり、部屋の電気を付けた場合はレースだけでは丸見えになります。カーテンを閉めてください。

カーテンは使い勝手がよく、なにより豊富な生地の中から気にいった物を選んでいただけます。

ご要望でありましたら、もちろん生地選びにつきましてもお手伝いさせていただきます。

 

引き続きまして、広縁の窓です。

こちらは、すっきりとプリーツスクリーンでお決めいただきました。

が、レース生地を付けたツインタイプかレース生地のないシングルタイプかかなりお悩みに。

ツインの場合レース生地を上部にするか、下部にするかも含めて。結果

IMG_3342.JPG

レース付きのツインタイプ。昼間外からの光が入るように、レース生地は上部にしました。

やはりレース越しに外が見れるのは良いですよね。

IMG_3346.jpg

レースの状態。

IMG_3345.jpg

不透明生地。

IMG_3343.jpg

上部レース、下部不透明生地です。

他、居室等もお世話になりとてもご納得いただき喜んでいただけました。

有難うございました。これからもよろしくお願いいたします。

縦型ブラインドの裾コード無し仕様

9月末から10月にかけてイベントが目白押しです。

少なからずかかわらせていただいているものとしては

岡崎で行われた「日本全国まちゼミサミット」に始まり、春日井まちぜみの「ハロウィン㏌イーアス春日井」

「春日井まつり」「勝川藝術祭」、実店舗による「第12回春日井まちゼミ」です。

一息ついたら、忘年会の嵐になるでしょう。

 

 

 

最近よく耳にしますが、ご新築での窓周りに採用されるものとしてブラインド類が非常に多いと。

確かにモリソンでも多いと思います。

そのかわりモリソンではお客様のご希望を聞くだけではなく、必ずブラインドにしてもカーテンにしても

使い勝手や機能性はしっかりと説明させていただきます。

お住まいになってから、「こんなはずではなかった」なんてことにはならないように。

特にブラインド類はいろいろとありますので。

 

今回お世話になりましたのは、ちょっと離れた距離の浜名湖湖西方面のお客様です。

コーディネーターさんも入っておられ、設計の段階から打合せをさせていただきました。

IMG_3871.JPG

先にも書きましたが、リビングダイニングはすっきりとカッコいい縦型ブラインド、バーチカルブラインドとも言います。

外から見られることのない位置に窓がありますので、昼間は全開放出来ます。

その時に、ブラインドの羽が窓にかからないように、レールを長くしています。

IMG_3863.JPG

壁に付いているスイッチやコンセントにも邪魔にならないよう考慮しています。

 

通常、縦型ブラインドの裾には羽が乱れないようにスペーサーコードというものが付いております。

しかし、今回はすっきりとコードのないミニマルウエイト仕様です。

IMG_3875.JPG

裾の重りが、布で包まれております。すっきりしており最近このスタイルが増えてきました。

特に小さなお子様がひもを踏んずけたりすることがありません。

またペットを飼っておられたりする場合も、ひもを噛んだり巻き付いたりすることもありません。

暖簾のように、羽の間から出入りも出来ます。

通常のシングルスタイルの金額の15%アップで出来ますので、金額的にもお値打ちではないでしょうか。

IMG_3879.JPG

ただ、風が強い時に窓を開けますと羽がふき乱れますのでご注意ください。

 

電源のいらない電動FUGA Newエコリモ

先日息子夫婦から、初孫のハーフ(6か月)バースデイ会に呼んでくれました。

子供は成長が早いですね。

よく笑いますが、人見知りも入ってきているようで初めのうちは私の顔を見ると泣いていました。

しかし変えるころには

IMG_4079.jpg

こんな感じです。すこし顔が怖い・・・

 

 

 

モリソンではおなじみの電源のいらない電動調光ブラインドFUGAが新しくなりました。

今までは充電式のみでしたが、今回AC電源モデルが登場です。

通常の100Vのコンセントから繋ぐことが出来ます。

ショールームのサンプルも、充電式からAC電源式に変更しました。

コンセントまでホームセンターで買ってきたカバーでコードを隠しています。

IMG_4102.jpg

このNewエコリモは「IoT」にも対応しており、Wi-Fi中継器(Zigbee)を設置することによりどこからでもスマホで動かすことが出来ます。

この設定をすることにより、タイマー機能も備わります。

予め時間設定をすれば、例えば朝になると自動にブラインドが上がり、夜になると閉まることが出来ます。

IMG_3417.jpgこちらがWi-Fich中継器Zigbeeです。

また新しくなり大きく変わったことは、稼働しているときの音がとても静かになりました。

このブラインドの製造元WISでは、需要がありすぎて工場をさらに大きくするようです。

 

先日、高層マンションにてNewエコリモ充電式を設置させていただきました。

IMG_3294.JPG

マンションでは予め設計変更にて、電源を作っておかないと希望のように電動商品を付けることは大変です。

最初に紹介させていただきましたモリソンのショールームのように100Vのコンセントからコードを伸ばさないといけません。

この充電式エコリモは画期的です。

動画です。